事例紹介

一覧へ

クライアント 住友生命保険相互会社
経 緯 一年を総括する企画として1990年から実施。顧客を含む幅広い生活者と住友生命が四字熟語というツールを用いて対話する楽しくてユニークな公募企画です。
内 容 1年の社会現象や出来事を四字熟語で振り返る「ことばの遊び」を「創作四字熟語」と名づけて公募。創作四字熟語という造語は、その後一般化しています。募集期間は毎年10月上旬から11月上旬、新聞・雑誌での記事告知や、インターネットや営業職員によるチラシ配布などで呼びかけています。
選考は、広報スタッフが全応募作品の中から1次選考を絞り込み、審査員(1995年からは歌人の俵万智さん)の最終選考により決定します。入賞作品は優秀作10編と入選作40編。12月中旬にメディア発表します。2013年の入選作は、伊勢神宮と出雲大社の遷宮を表現した「移神殿新(いしんでんしん)」、高視聴率ドラマの「倍倍繁盛(ばいばいはんじょう)」、DJポリスの「声務警察(せいむけいさつ)」などでした。

1990年の第1回の応募は2,401作品、2012年の第23回では過去最高の11,138作品が寄せられ、恒例の募集企画としてすっかり定着しました。毎年、優秀作・入選作を小冊子にまとめて、広く一般に配布しています。 報道面では、朝日新聞「天声人語」欄に毎年取り上げられるなど、その年を振り返る年末の巷の話題として、新聞・雑誌やテレビなどで幅広く報道されています。

▲ページトップへ